インプラントは保険適用外

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼすべて保険適用外です。保険が聴けば治療をうける方の数も増えるかも知れません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、すべてが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせてつかい分けられています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特長が異なります。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療をうけている間はがんばって禁煙に励みましょう。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行ないます。

使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意して下さい。これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯医者さんと十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。費用も見積もりを出して貰い、すべて自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。